今週の空模様

アーカイブ記事

こんにちは、石井ゆかりです。
火星と木星が牡羊座に並び、金星はオウンサインの牡牛座を気分良く運行、天王星とのコンジャンクションを目指し、先週順行に戻った水星は冥王星と再び、トラインを組みに向かいます。どの動きものびのびとしていて、弾けるようなパワー感を秘めています。のびやかに、素直に、ストレートに動きつつ、なにかしら爆発的な展開を目指している感じがあるのです。子供が純粋な楽しみの気持ちでイタズラを企画している、といった感じも無いではありません。わくわくしながら何かに狙いをつけているのですが、その「狙い」の先に、なかなかの熱量と重みが備わっているのです。

特に、水星と冥王星のトラインに面白さが感じられます。リアルな声、現実にメスを入れるような声、あるいは、非常に大きな財をぐっと動かすようなダイナミックな変化、などの気配が感じられます。どんなに大きなものでも、動くべき時には動きます。今回は特に、「何度も動かそうとして、小さな動きが重ねられた上で、最後、本格的に動く」といった「タメ」があるのです。大きな家具でもすこしずつ動かしていくと、いつか決定的にぐぐぐっと動く段階があったりします。今週はたとえば、そんな展開も起こるのかなと思いました。経済活動に関して、またコミュニケーションに関して、そのような動きが起こりやすいかもしれません。

月は膨らんでいくフェーズで、こちらも勢いを増しています。5月からのモヤモヤした状況からどんどん抜けだして、色々な遅れを取り戻せる、かなり勢いのある時間帯となりそうです。

今週はそんな感じです。