牡牛座の今週の占い

アーカイブ記事

「精励」という言葉が似合う週です。
ひたむきに、目の前のことに懸命になっているあなたの姿が見えるようです。何事にも緻密で丁寧なパフォーマンスを出せます。「心を込める」ということが、単なる比喩ではないことを実感できるでしょう。「心を込める」ということは、細部まで神経が行き届いていて、ごく真剣に取り組まれている、ということを意味するのだと思うのです。この時期のあなたが取り組む活動には、そういう意味で、あなたの「心」が詰まっているはずです。

なにかに懸命になるとき、私たちの心にはたいてい、批判精神や疑問など、反抗的な気持ちが燃えているように思われます。たとえば、既存のやり方に納得できなかったり、これまでの自分の成果を悔しく思ったりする気持ちがそれです。既にあるものに対して「こうではないはず」という軽い怒りを感じるところから、懸命さが生まれます。

この時期、あなたの中にはそうした怒りがずっと静かに燃えているのですが、今週はその怒りと、「具体的なアクション」が、ぴったり結びつくことになっています。そして、そのアクションを「見せたい人」と、そのアクションに取り組む「場」とに、恵まれています。

「なにかがちがう」「これではいけない」「もっとあたらしいやりかたがあるはず」といった思いは、「怒り」に似ています。今のあなたが抱いているその思いは、はっきりと言葉で説明できないようなことなのかもしれませんが、今週はそれを説明的にではなく、おそらく「行動」に注ぎ込める時なのだと思います。