牡牛座の今週の占い

アーカイブ記事

多少余裕のある時に募金や寄付をすると、とてもすがすがしい気持ちになります。
一方、学生時代にお弁当を忘れて、友だちに分けてもらったことがある人もいるでしょう。忘れ物をして困っている時、誰かが手をさしのべてくれる安堵感は、すばらしい「救い」です。

助けることも、助けてもらうことも、どちらも本質的には、人間にとって大いなる「救い」となります。特に、お金や、食べものや、そのほか物質的・経済的に「必要なもの」を分かち合うことは、人間の心を限りなく安心させる力を持っています。

この時期、あなたはそんなやりとりの中に身を置くことになるかもしれません。あなたに比較的余裕があれば、積極的に誰かを救うことができるでしょう。逆に、あなたが今もし、困難な状況ならば、誰かに力強く助けてもらえるかもしれません。

こうしたやりとりには、罪悪感や負い目や羞恥心など、ややこしい思いが絡みつくことがよくあります。でも、この時期は不思議と、そうしたややこしさから自由でいられるようです。犬や猫でさえ、困ったときに分かち合う精神を見せることがあります。ただ清々しさや、助けられた安堵感など、人間が本来生き物として持っている喜びのみが、今は純粋に湧いてくるだろうと思うのです。