牡牛座の今週の占い

アーカイブ記事

私たちは、いつも同じように世界を見渡しているわけではありません。
天下国家のように「大きなこと」が気になる時期もあれば、足元の「小さなこと」で頭がいっぱいになる時期もあります。
そういう意味で、今週以降、少し「身近なこと」「あしもとにあること」「日常的なこと」に意識が強く向かうようです。

小さなありんこも、じっと見つめると細部までよく見えます。そしてだんだん、大きく見えてきます。意識の全てをありんこに向けることもできます。
小さなものは、大きなものと比べるから「小さい」ので、それにじっと集中すると、頭の中で、それが最も大きな存在になります。

この時期、非常に個人的なことや、毎日の暮らしのこと、しょっちゅう顔を合わせている人々などに、まっすぐに意識を向けることになりそうです。
そうすると、その世界にある大事なことがよく見えてきます。
今やるべきことが、そこに姿を現します。

今年、あなたはとても雄大な人生のうねりを生きています。
そういうときこそ、靴紐をしっかり結びなおす時間が必要になります。
ホッと安心したり、安らいだり。自分の心を静かな時間の中に解放したり、掃除や単純作業の中で「無心」になったり。
たとえば「運命」と呼びたいようなドラマティックな時間の中にいるときほど、そういうことが必要です。
靴紐を結び直し、心地良い時間に安らぐことは、長旅を続ける力に直結してます。

日常を愉快に過ごすこと、身近な人との時間を大切にすること、なによりも自分のなかにある感情を尊重すること。
この時期はそうした試みが、より大きな外側への挑戦に、新しい指針をもたらします。
ミクロコスモスを旅することで、大きな船を動かせるような時間帯です。