蟹座の今週の占い

アーカイブ記事

「大局を見渡し、地道にコツコツ進む」。
簡単で当たり前のようでいて、これが一番難しいのです。
ロングスパンの時間は私たちにはとてもとらえがたく、ちょっと前のこともすぐに忘れ去られてしまいます。
一方、目の前のことは結構うまくいっているのに、ささやかな行き違いやちいさなミスが胸にちくちく痛んで、なんとなくやる気がなくなってしまうこともあります。

特にこの時期は「どうでもいいようなことが気になる」「うまく行っているのに、そのように受け取れない」という傾向が強まります。蟹座の人々は強い感情の波立ちやうねりを生きていますが、一方で、最も勢いの良い「水の星座」らしく、少し時間が経つと、その波立ちを水に流して、忘れてしまえるのです。

もし今週、短期的なことが気になったり、ごく身近なことで苛立ったりしたら、目を閉じて、遠くの山を見晴るかすようなイメージを浮かべてみて下さい。そして、「そういう小さなことを、自分は過去に、無限に忘れてきたのだ!」ということを、思い出してみて頂きたいのです。
小さな傷は、すぐにふさがります。蚊に刺された瞬間はかゆくて怒り心頭ですが、少し熱いお湯につけると、かゆみは消え去って、刺されたことも忘れてしまいます。今週「気になること」は、そんなことです。

そして、本質的に今「起こっていること」は、とても好調です。うまくいっています。いい人といい話ができています。そこに注目してみて頂きたいのです。