今日の星読み

2021年6月15日(火)

心を縛る鎖が消えていく時期です。長い間のコンプレックスや慢性的な悩み、後悔のタネ、罪悪感、嫉妬心、抑圧、認知の歪み、裏切られたことから来る人間不信、強い恐怖心や漠然とした不安など、誰もが心の中に大なり小なり、痛みと縛りを抱えているものなのではないかと思います。もちろん、簡単に癒すことの出来ないような深い深い傷もあれば、時間が経てば消えていく浅い傷もあるわけですが、この時期はその全てではないにせよ、いくつかの痛みや障害物が「昇華する」「解決する」時期と言えるのです。自分にとっては非常に大きな変化でも、第三者の目にはほとんど映らないかもしれません。それでも、こうした傷や問題、自分を縛る心の鎖が消えていく時、人間関係もその後の人生も、目に見えて変化していきます。過去や自分の心の深い所にあるものに目を向け、目に見えないところにある「人生の山」を超えていける時です。この次にくる年は「スタートの年」ですが、大々的な「スタート」を切る前に是非やっておきたいことを、すべてやっておけるような時期と言えます。

2021年5月14日(金) 〜 2021年7月28日(水)

人間は人生の中で、様々なものを望みます。では、そうした望みの中に「究極の望み」「最後の望み」があるとしたら、それはどんな望みでしょうか。「一つだけ願いを叶えてあげるよ」と言われたら、何を望むか。この命題に、新しい答えを見つけられるのが、この時期です。「一つだけ叶う願い」は、あなたの心の救いとなります。人生のお守りとなり、さらに、あなたの大切な人を救う原動力ともなるでしょう。この時期、あなたは人から大いに助けてもらえるでしょうし、人を救うこともできるはずです。「救い・癒やし」のプロセスが、盛大に展開して行く時期なのです。人は、自分だけで癒やされることはほとんどありません。また、他者を癒やした人こそが、最も癒やされる、ということもあります。「ギブアンドテイク」の計算は、ここでは通用しません。与えきった人が最も多くを受けとる、といった現象も起こるのです。誰の命令も受けず、常に自分自身の命令に従うこと。心の声を無視しないこと。自分の弱さも他人の弱さも、「許されない」ものはないと知ること。自分を責めたり罰したりしても何の意味もないこと。たとえばそうしたことをひとつひとつ、見いだしながら、自分自身の救済の道をまっすぐに歩いて行ける時期です。

2012年2月4日(土) 〜 2025年3月30日(日)