今日の星読み

2020年11月26日(木)

日頃関わっている人たちや、身近な人たち、仲間、家族、仕事の上でのお客さんなど、私たちの生活は様々な「関係者」の中にあります。これを「自分が生きている社会」と呼ぶとしたら、この「社会」のためになにができるかが解ってくる時期です。自分の役割や任務を、自らの意志でしっかり育て、引き受けていけます。役割や任務を果たす上でどういう知識や技術が必要かもわかります。生活の仕方が変わったり、健康の維持の方法を覚えたり出来るかもしれません。学生であれば「どこに向かって頑張ればいいか」が見えてきます。身近な人の世話をしている人は、そのやり方がこなれ、鍛えられ、ブラッシュアップされ、やわらかくひろやかになっていきます。誰か一人が苦労やガマンを背負い込むような状態は、誰にとってもよくありません。そうした状況に陥っている人は、その状況を根本的に改善できます。この時期、転職や引っ越しを選択する人もいますが、その場合も「日々の生活を変えることで、人生を変える」「自分が社会に対して出来ることを、新しく見つける」ことが目的となるはずです。

2019年12月3日(火) 〜 2020年12月19日(土)

任務や日々背負っているタスクの「重み」が増す時期です。これは、ただ忙しくなるとか、大変なことを任されるとかいうことではなく、あなたの取り組んでいることの重要性が増すということです。たとえば、料理人を志して務め始めたら、まずは掃除や皿洗いから始まるかもしれませんが、だんだんと料理自体に関わる、重要なことを任されていくようになります。この時期はそんなシフトが起こりやすいのです。
慣れるまでに時間がかかったり、期待に応えるために苦しんだり、「自分のできることはなんだろう?」と考えたりすることもあるかもしれませんが、試行錯誤の中で「自分の担うべきこと」がわかってきます。また、この時期はどちらかと言えば「人のため」に活動する場面が多くなるでしょう。自分の成功を志しての仕事ではなく、周囲の人を輝かせ、成功させるために何ができるか、と考えることができる時期なのです。「がんばる」ことが輝く時です。

2020年7月2日(木) 〜 2020年12月17日(木)

心身に無理を強いるような生き方をしてきた人は、健康や生活習慣に関して、慢性的な問題を抱えやすいかもしれません。原因が分からなかったり、同じような症状を繰り返してしまったり、といったこともありそうです。そうした体験を通して、自分を大切にすること、自分自身を許すこと、義務や責任を絶対的なものとして考えないこと、など、生きる上で大切な「ルールの裏側」にあるものを学べます。他者をケアする力、思いやる力、物事にごく現実的に対処する力を身につけられます。この時期が過ぎるころ、「トラブルに強くなった自分」に気づくでしょう。 また、「仕事」「任務」が、この時期の体験を通して「生まれ変わる」かもしれません。仕事の意味や、日々自分が担っていることの意義を、深く知ることができそうです。ライフスタイルが激変する人も。

2008年11月27日(木) 〜 2023年3月23日(木)