新着お知らせ

今日の星占い

惑星名一覧
※12時のホロスコープ
2022年1月27日(木)

月は昼間蠍座で、16時半過ぎに射手座に移動する。
冥王星と水星のセクスタイル、深い支配のイメージ。掴んで離さないもの、つかまれて離れられない状態。洞察、反転。生命の底力。

牡羊座は「話をつける」みたいな場面があるかも。意外な、でも強力な落とし所。

牡牛座はたとえば話し合いの終わりに「何か聞いておきたいことはありますか?」みたいなところでスマッシュヒット的な何かが出るかも。

双子座はちょっと「台風の目」みたいな感じがあるかも。中心にあって力を持っているけど、妙に凪いでいるような。

蟹座はずっと考えてきたことを最終的にぼかんと投げ込む、みたいな感じがあるかも。

獅子座は「しつこさ」が功を奏するかも。ちょっと粘着質なくらいが丁度いい。

乙女座は素晴らしい集中力の日。我を忘れて何かにのめり込めるかも。没入感。

天秤座は今現在の望み・欲望が、実はずっと以前からの長い経験や思いの蓄積から出てきている、みたいな感じの日。

蠍座は引き続き超多忙な日。ものすごく密度が濃い。アタマも行動もフル回転で持ち味を出せる。

射手座は「使えないな」と思ったものが実は使えると解る、みたいなことがたくさんあるかも。価値の復活。

山羊座は不思議な流れが生まれるかも。過去に切り捨てた選択肢をもういちど検討するとか。

水瓶座は密かにもくろんでいたことをふと、実行に移す機会が巡ってくるかも。「今だ!」感。

魚座は「みんなもう忘れてるだろうな」と思った話が意外と忘れられていなくて、現実化に向かう、みたいなことがあるかも。

過去分をご覧になりたい方はこちら

週間占い

毎週金曜18時半更新

年間占い

石井ゆかりのプロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。「12 星座シリーズ」(WAVE 出版)は120万部を超えるベストセラーに。「愛する人に。」(幻冬舎コミックス)、「夢を読む」(白泉社)等、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

石井ゆかりのアカウント