今年の占い

2023年

俳優やタレントさんについてファンが抱いている「印象」は、当てにならないものです。
「悪そうに見える人が、実はすごくイイ人」「イイ人そうにしている人が、実はかなり問題のある人物」といったエピソードトークはちっとも珍しくありません。
むしろ「印象通り」の人が珍しいと語られるくらいです。
著名人でなく、普段の生活の中で出会う人々であっても、そういうことはよくあります。
表面的な印象や雰囲気では、たいていの人の「本質」はわからないものです。
そして、「本質」を知らないままでも、社会生活は充分成立します。

ですが長い人生の中では、「本質」を全く知らないまま付き合うのでは、ものたりない場合があります。
表面的な理解だけでは、終わらせたくない関わりがあります。
2023年から、乙女座の人々はそうした関わりの中に入っていくことになります。

人を本当に知ろうとした場合、より大きな文脈で捉えなければならない場合があります。
その人が語る言葉だけでは、何も理解できないこともあります。
正面からいってもわからないことが、搦め手からいって初めて見えたりします。
強がっているのは臆病な人で、怒鳴っているのは寂しい人だったりします。
ニコニコしている人が苦痛に耐えていて、グチばかりの人が結構ラクをしていたりします。
気を遣っているように見えるけれども実は自分を守っているだけの人もいれば、ぶっきらぼうなのにみんながやりたがらないことを黙々と引き受けている人もいます。
自分は誰よりもガマンしている、と思いながら、人にガマンさせている人もいます。
自分はやりたいようにやっている、と言いながら、人の尻拭いばかりしている人もいます。

人は見かけによらない、と言いながら、みんな結構、見かけで決めているものです。
楽しそうな人は楽しいので、苦しそうな人が苦しいのだ、と思い込んでしまいます。
断片的な情報で、その人の人となりを決めたがります。
でも、2023年のあなたは、それをしないだろうと思います。
表面的なことだけで終わりたくない、と思える何かを持った人が、あなたの前に立つからなのかもしれません。
あるいは逆に、誰かがあなたに対して、「もっとちゃんとわかり合った付き合いをしたい」と考えてくれるのかもしれません。

2023年の前半で「この人はこんな人だろうな」と感じた印象は、2023年終わり頃には「全然違うみたいだぞ!」と、ひっくり返っていることでしょう。
2023年前半に犬猿の仲だった人が、2026年頭には大親友になっているかもしれません。
苦手意識いっぱいで関わり始めた相手が、2,3年のうちに、公私ともにかけがえのないパートナーとして、あなたの隣に立つことになるかもしれません。