今年の占い

2023年

2023年の年明けは、「居場所・住処をつくる」プロセスのまっただ中にある人が多そうです。2022年5月頃から「居場所・家・家族」などを象徴する場所に拡大と成長の星・木星が入り、2023年5月まで滞在しているのです。家族構成が変わったり、引越やリフォームなどで住環境が変わったり、何かしら「生活」が変化しつつある人が多いはずなのです。木星は古くから幸福の星とされていますから、ストレートに「家の中に幸福を育てる」取り組みが今、進んでいるだろうと思います。
家族や身近な人との関係に問題を抱えていた人は、この5月までに修復できるかもしれません。あるべき家族関係、あるべき生活の形を整えて、より安心できる暮らしを再構築できる時です。
この「生活環境・家庭の再構築」のプロセスは、あなたの心身のコンディションとも密接に結びついているようです。暮らし方や身近な人との関わり方を変えることで、体調が大きく変わる時と言えます。

5月以降の約一年は、「愛と創造の季節」です。素晴らしい愛を生きる人もいれば、クリエイティブな活動に打ち込む人もいるでしょう。才能が開花する時であり、人生において自ら「これは大切にしたい」と思えるものが増える時です。とにかく楽しいことが多いはずですし、自分の望みを軸にして生きられるでしょう。

2018年頃から、好きなことや愛について、どこか論理的になり過ぎていたり、客観的であろうとするあまり、本気になれずにいたりしたのかもしれません。「これは今の時代に合わないのではないか」などという懸念から、好きなことや愛そのものと距離をおいていた人も、もしかしたらいるのではないかと思います。そうしたロジカルな距離感とでもいったものが、2023年からは少しずつ和らぎ始めます。確かに、論理も客観性もとても大切ですが、そこに血の通った人間的な思いがなければ、愛も才能も、屋根のない家のようなものになってしまいます。これまでつくってきた確かな骨格に、2023年は肉付けを始められます。愛が、才能が、現実のボディを得て活き活きと躍動し始めます。

2020年頃から経済的な問題を抱えていた人は、2023年3月を境に、その問題が解決していくでしょう。不安や懸念材料が消え、これまでの努力のもとにつくられた収入の途がコンスタントに機能し始めます。過去2,3年のあなたの苦労は、今後の安定的な経済状態の土台となるはずです。
禁欲や節制を自分に強いてきた人は、特にこの3月から6月頭に、少々放縦な状態になるかもしれません。冒頭から述べたような、「自分の欲望に気づく」というプロセスが走り始めるのです。とはいえ、これは2043年頃まで続く長丁場のプロセスで、まだ全容は見えてこないかもしれません。

「愛について」で触れた冥王星の移動は、一つの荒ぶる時代の終焉であり、「破壊と再生」のプロセスの終幕です。つまり、すでに「再生」のルートには足を踏み入れているあなたがいるはずなのです。2008年頃から一度失って、全く別の形で手に入れたもの。激しい感情の渦を通り抜けて、手の中にのこった、落ち着いた、活き活きとした、初々しいもの。それをじっと見つめるような時間を、2023年は随所に持てるかもしれません。
人間は新陳代謝を繰り返して生きていきます。すなわち、生活全体が壮大な「破壊と再生」です。この「破壊と再生」の本質を様々な形で体験し、血や肉としたのが過去15年ほどのプロセスだったのではないでしょうか。そんな激しい、嵐のような道を通り抜けて、今、あなたは新しい生命力を得ているはずです。そして、その生命力を「どう使うか」を考え始めているのだろうと思います。