今年の占い

2023年

2023年の年明けから5月まで、射手座の人々は素晴らしい「愛と創造の季節」を過ごすことになっています。恋愛はもちろん、子育てや、「愛する」こと全般、さらにはあなたが「好きでやっている」ことのすべてに強い追い風が吹くのです。趣味やクリエイティブな活動も、大いに盛り上がるでしょう。この流れはすでに2022年5月から始まっています。2022年後半に始めた楽しいこと、愛しいことは、2023年前半、さらに勢いを増して、あなたの世界を満たすでしょう。
この時期の「愛」や「楽しいこと」は、誰かとの一対一の関係に直結しています。恋愛はまさにそうしたテーマですが、そのほかの活動でも「誰とやるか」がとても重要です。さらに、「愛」「楽しいこと」に真剣になればなるほど、摩擦や衝突も起こるかもしれませんが、そこで生まれる「熱」もまた、やりたいことを活性化させる原動力です。

5月以降、テーマは「やりたいこと」から「やるべきこと」へシフトします。義務や責任、日々担っている任務、周囲との役割分担、就労条件などを象徴する場所に、木星が移っていくのです。この5月から2024年5月にかけて、働き方や暮らし方を大きく変える人も少なくないでしょう。異動や転勤、転職など、職場が変わる可能性の高い時期なのです。仕事をしていない人も、暮らしの中の時間割が変わったり、身近な人のサポートのために新しいルーティンが生まれたりするかもしれません。
ライフスタイルが変わる時であり、それにより、心身のコンディションを改善できるでしょう。生活の中で一番大事にすべきものは何か、最優先すべきことはなんなのか、ということを見つめ直し、そのことを軸に「暮らし」を変えられます。

この3月以降、2026年頭にかけて、「居場所」をコツコツつくるような作業が始まります。一つ一つ石を積んで、お城を建設するような時間に入るのです。入り口である2023年には、その作業は果てしなく感じられるかもしれませんが、とにかく少しずつ、できることから進めているうちに、だんだんと見通しがついてきます。
「一家の大黒柱」のようなポジションを引き受け、身近な人に対する責任が重みを増すかもしれません。家族の誰かの転機に、そっと寄り添うことが必要になるかもしれません。大切な人のためにできることが徐々に増えていきますが、そのこと自体があなたにとって、新しい人生の意味を見つける手掛かりとなるようです。

旅の星座・射手座にとって、過去数年の「コロナ禍」の閉塞感は、ひときわ大きいものだったかもしれません。2023年もまだ予断を許さない状況ではあるのですが、少なくとも星の世界では、2023年の射手座の世界は、遠く外界へと開かれています。旅に出る機会、遠出する機会は、これからどんどん増えていくようです。未知の世界への「欲」が出てくる時と言えます。
遠い世界にどんどん活動の場を広げていく中で、これまで無意識に、自分を小さな世界に閉じ込めていたのだということに気づかされるかもしれません。世の中にはもっと広い世界があったのだということを、2023年「再発見」できるかもしれません。
出かけて行った先には、あなたを心から理解してくれる誰かが待っている気配もあります。新しく出会う場所や人なのに、それこそが「帰るべき場所だった」という確信を抱く人もいるだろうと思います。