今年の占い

2021年

2021年の山羊座の星回りを見て
脳裏に浮かんだのは、
黄金色の、湯気の立つ、
ほくほくのやきいもです。
半分に割って、そこに、
バターを溶かしても美味しいのです。

この「ほくほくのやきいも」は、
シンプルですが、
本当に美味しいのを食べるには、
たいへん手間がかかるのです。
固い石を、どこまでも熱く熱し、
そこにお芋を放り込んで、
ほどよいところで取り出さなければなりません。
トラックで売りに来るほど「大がかり」です。
もちろん、昨今では様々に、
もっと手軽な方法も紹介されています。
でも、手間暇かける「だけのことはある」のが
やきいもの醍醐味のようにも思われます。

何の話をしているのだ
と思われるかもしれません(すみません)。
もちろん、2021年の山羊座の話です。
2021年の山羊座の人々は、
価値あるもの、素敵なもの、
場合によっては美味しいものを
「生み出す」「つくりあげる」
ことができるはずなのです。
自分の手で作ったものや獲得したものにより、
「ほくほく」できます。

2021年、山羊座の世界は、
平たく言えば
「金運がいい」のです。
「ほくほく」です。
でもそれは、
「棚からぼた餅」
のような「ほくほく」ではありません。
あくまで、自分の手で掴むのです。
もちろん、お金を稼ぐには
「運」つまり「偶然」が、
とても強く作用する部分があります。
「必ず儲かる商売」
というのはないはずです。
ただ「偶然」だけでは、
価値は生まれませんし、
お金も稼げません。
やきいもに喩えるならば、
いいおいもを手に入れることは、
ある程度偶然に支配されます。
でも、それを美味しく焼き上げるには、
意志や知識や技術や情熱や、
責任感や戦略眼や実務経験等々、
あらゆる「自分自身の積極的な力」が、
是非とも必要なのです。

2021年、山羊座の人々が手にするのは、
一時的な利益ではありません。
これからずっと使っていける水路、
ずっと回していける経済的なサイクルを、
しっかり築いていくのが
2021年の山羊座のテーマです。
「経済的な基盤を作る」
「経済力をつける」
「手に職をつける」
といったことが視野に入るでしょう。
自分では収入を獲得していない、
という人も、
お金のマネジメントについて
考えることになるはずです。

山羊座の人々の「欲」は、
現実的であると同時に、
とても理想主義的です。
「莫大な富が欲しい」
と言う山羊座の人に、
「それを何に使うのですか?」
と問うたところ
「恵まれない子供達のための、
大きな施設を作りたい」
と返されたことがありました。
山羊座の人々が欲しているのは
「金銭」というよりは、
「社会的な力」です。
その力を使って、大切なものを守り、
もっと良い世の中にしたいのです。
2021年、あなたが作っていくのは、
おそらく、そういう「力」の一種です。
大切な人、大切なもの、
自分にとって「善い」とおもえること。
そのための「力」として、
お金を稼ごうとしたり、
価値あるものを生産しようとしたり、
身近な人のために、
さまざまな心地よさを提供したりする、
ということなのだろうと思うのです。