今年の占い

2021年

たとえば学生時代の親友と、
社会人になってから
だんだん会わなくなり、
連絡も途絶えて、
長い時間が経った後で
「久しぶりに会う」
ことになったとします。
「昔どおり、息の合った二人」
として再会できるのはおそらく
相当貴重なケースです。
長いこと会わず、
別々の人生を送るうち、
私たちは自分でも気づかぬうちに
どんどん、変化していきます。
長く会わない期間を経て
「再会」するのは、
ほとんど「新しい出会い」です。
ただ、二人の間に共有された記憶があり
その記憶が、プラスに作用する場合もあれば
マイナスに作用する場合もある、
ということなのだろうと思います。

長い時間を経て、
昔の友だちに「再会」すると
相手の変化に驚かされると同時に
自分もまた、変わったのだ
ということがわかります。
あるいは、
自分だけが取り残されて
相手がもうずっと先を歩いている
と感じられる場合もあるでしょう。
似たような出発点と、
大きく違っている現在の姿。
「再会」は、私たちの人生を、
良くも悪くも立体的に捉える、
神秘的な、鏡のような機会です。

2021年、魚座の人々は
自分の歩んできた過去を
おおいに振り返る機会を得るでしょう。
長く会わなかった旧友と
コンタクトを取り合う人も多いはずです。
あなたが「そうしたくなった」理由は、
何なのでしょうか。
もし、働きかけが向こうからだったとしても
それに応じるのは、動機があるはずです。
過去はこの時期、あなたに向かって
特別な声でささやきかけます。
「そこに何かがある」と暗示します。

一方、ずっと用いてきた武器を2021年、
「リリースする」人も多そうです。
自分を守ってくれていた鎧、
成功パターンを保証してくれた武器が、
いつのまにか古くなり、壊れ、
もはや役に立たなくなっている
ということに気づかされるのです。
新しい武器を手に入れるためには、
古いものを手放さなければなりません。
武器や防具を手放すのは怖ろしいことです。
無防備な自分になってしまえば、
危険に晒されます。
ですが、思い切って手放したとき
「自分を守ってくれていた鎧」が
実は、自分の行動を制限していた
ということがわかるのかもしれません。
「最強の武器」が、本当は、
闘いの自由度を損なっていたことに
気づかされるかもしれません。

大企業の重役をつとめ、
周囲からとても尊敬されている人が、
新しい習いごとを始めた、
という話を聞きました。
最初は自分より若い「先生」に
教えを請うたり、
ミスを指摘されたりするのが、
かなりの苦痛だったと言います。
「どんな顔をしていいか解らない」
という気持ちだったそうですが
やがて、その関係に慣れてきて、
素直に助言を求めたり、
指摘を受けて自分を見直したり、
ということが
自然に出来るようになりました。
すると、会社での周囲の態度が、
だんだん変わってきたそうです。
部下や取引先の人々に笑顔が多くなり、
フランクに話してくれるようになり、
人から得られる報告や情報にも、
自然、厚みが出てきたというのです。

鎧や武器を手放したとき、
その人のコミュニケーションが変わる
ということの、これは好例です。
2021年の魚座の世界には、
そんな仕組みの変化が起こりやすいのです。
自分を守っていたはずのものが、
実は、自分を縛っていた、
と解ったとき、
一気に世界が拡がります。
新しい情報や知識が流れこみ、
人の気持ちに触れやすくなり、
より、のびのびと動けるようになります。