今年の占い

2021年

2021年の牡牛座の占いの記事に、
私はくり返し
「大活躍の年!」
と書いてきました。
大きな目標を掲げ、
大きな役割を引き受けて、
全力で勝負していく年になるだろう、
と想像したのです。
更に言えば、牡牛座の人々の
「社会的な姿」が変化していくプロセスを
「大活躍」という言葉に詰め込んだつもりでした。

一般に
「いかに練習を積もうとも、
実践の経験に勝るものはない」
とよく言われます。
そういう意味では、
牡牛座の2021年はすべて
「実践」の時間と言えます。
何十時間の練習で得られるものと、
たった数分の試合1回で得られるものとは
本来、比べようもありませんが、
「本番ってこういうものか」
「真剣勝負とはこれか」
という実感は、
人の生き方を変えるほどの威力を持ちます。
2021年の牡牛座の人々は、
自分という人間として、
全力で「世の中」に飛び込んで、
そこで、急成長を遂げることになります。

「成長」というと、ただ
「小さなものが大きくなる」
イメージが浮かぶかもしれません。
でも、現実の「成長」は、
双葉から本葉が出たり、
緑の中に突然白い蕾が顔を出したり、
卵が孵ったり、
蛹が蝶になったり、
というふうに、
神秘的なほどの「変容」のプロセスです。
2021年のあなたの「実体験」もまた、
あなたという人を大きく変容させるでしょう。
ですがそれは、
自分というものが本質的に変わってしまう
ということではありません。
蕾も、蛹も、羽化した姿も、
すべて「それそのもののありよう」です。
「自分らしさ」そのものです。