今年の占い

2021年

人がたくさん集まれば
「常識」が生まれます。
でも、人が二人しかいなければ、
「二人のあいだで決めたこと」
だけが正義です。
パートナーと共有している習慣、
親友と「当たり前」にしていることが、
第三者の目には、時に
「非常識」に映ります。

人と人とが、一対一で相対した後、
たびたび「混沌」が生じます。
相手の言うことが正しいのか、
自分の意見が正しいのか、
「客観的な判断」ができません。
そこで必要なのは、
「どうしたらお互いに納得できるか」
という着地点に尽きます。
第三者に中に入ってもらって、
やっと着地点が見つかる場合もあります。

2021年は、そんな「混沌」を
自分の思いをオールにして、
こぎ渡っていく時間です。
誰かからの意外な提案をうけて、
どう応えたものか、
考え込む時間があるかもしれません。
一緒に活動する相手の意外なクセに気づき、
注意するべきか容認するべきか、
しばらく悩むことになるかもしれません。
貴重すぎるギフトを受けとって
「これは受けとっていいのかな?」
と迷う場面もあるでしょう。
チャンスを前にして
「自分はこのチャンスに値するだろうか」
と悩み、
優遇されて「遠慮すべきでは」と悩み、
新しくできた友人を家に入れるかどうか、
恋人との距離をどう縮めるか、
この育児方法・介護方針は正しいのか、
自分は果たして、相手の期待に応えられたのか、
食事はワリカンにするかオゴリにするか、
次はどうするのか、
とにかくあらゆる「共有」の局面で、
悩みを生きることになるでしょう。
それらの悩みを生きていくうち、
相手との関わりはどんどん深まります。

こうした問題には、正解がありません。
ゆえに、自分で答えを出したあとで
「もっと他のやり方があったのではないか」
「自分は間違っていたのでは」
「もっとよくできたはずだ」
というふうに、
自分を責める気持ちになりがちです。
一つの選択が望んだ結果に繋がらなかった時、
はげしく後悔し、
もう選択自体を放棄してしまおう
と考えてしまう人もいます。

でも、この時期は、
とにかく答えのないところで、
答えを出していかなければなりません。
人生は、世界と出会っていくプロセスです。
世界から投げかけられたものを受けとって
自分のものにしていくプロセスです。
受けとりきれないものは拒否できますし、
気持ちとして受けとりたくなくても
自分のために敢えて受けとるべきだ、
とわかるものもあります。
「受けとる」といっても、
ただぽんと受けとればいいわけではありません。
そこには、上記に羅列したような
あらゆる悩みがくっついてきます。
2021年は「受けとるべきもの」が、
とても多いので
たくさんの問いを抱え、答えを出し、
うまく行けば喜び、
そうでなければ後悔し、
といった道を、ひとまず
どんどん歩いていくことになります。

「モリモリ食べてくれてうれしい」
「気持ちよく受けとってくれてうれしい」。
人間の「喜び」には、
「与える喜び」「喜んでもらう喜び」
というジャンルがあります。
2021年、あなたはだれかに、
そうした喜びを贈ることができそうです。
誰もが人の役に立ちたいと願い、
感謝され、必要とされたいと願っています。
そうした願いを叶えてあげるには、
「度量」「器の大きさ」
のようなものが必要なのかもしれません。
世界から投げかけられるものを
どんどん受けとっても大丈夫な、
深い深い「器」。
2021年のあなたの世界では、
そんな「器」が急成長を遂げるようです。