今年の占い

2021年

「役に立ちたい」と言うとき、
そこには「だれか」がいます。
自分以外の誰もいないとき、
「役に立つ」ことはできません。
「だれか」の顔は、
見えることもあれば、
見えないこともあります。
たとえば、明け方、
道の掃除をしている時、
掃除の恩恵を受ける人、
すなわち、
「道を歩く人々」
の顔は、見ることができません。
医師や看護師を目指して学んでいる人は
自分が治療しケアする相手の顔を
まだ、その段階では、
見ることができません。
それでも、自分が働きかける相手として
「だれか」がいて、
その人のために「役に立とう」と
多くの人が日々、頑張っています。

2021年、乙女座の人々は
新たな役割を得ることになりそうです。
あるいは上記の
「医療関係者になるために学ぶ人」
のように、
自分の未来の役割のために、
最初の一歩を踏み出すのかもしれません。
「役割」には、
他者に向かう「職業」もあれば、
家族や身近な人のための役割、
地域医コミュニティでの役割、
友だちや大切な人の心をまもるような、
精神的な役割もあります。
誰かに世話をしてもらうことで、
世話をする人に役割を与える、
ということも、
広い意味での社会的役割です。
先生には生徒が必要で、
料理人には食べてくれる人が必要です。
人から人への働きかけがあるところには
かならず、逆方向の「役割」が生じます。
「役に立つ」ということは、
非常に広い意味を持っているのです。

2021年、あなたは他者との立場性の中で
自分の新たな「役割」を見つけるでしょう。
あるいは、既にそこにあって果たしているのに
意識にのぼらなかった「役割」に
はたと気づかされるのかもしれません。
「なるほど、自分はこの人に対して
こんな役割を果たしていたのか」
と気づくとき、
できることの幅が拡がります。
自信や意欲が湧いてきて、
生活が新しい光を帯びます。

2021年は、日々の役割や作業、
日常的な、ごく現実的な活動が、
あなたを
「遠くに連れて行ってくれる」
時期でもあります。
たとえば、解りやすいところでは、
「新しい仕事について、
出張に行くことになり、
憧れの場所に始めて出かける」
といったことが考えられます。
もちろん、2021年も
自由に旅することはまだ、
難しい状況だろうと思います。
それでも
「この役割を得たから、
こんな遠くまで来られた!」
という体験ができるかもしれません。
「遠く」とは、
憧れの舞台とか、
憧れの人がいる世界とか、
あるいは全く未知の世界なのかもしれません。
いずれにせよ、
そこは身近な所、慣れたところ、
見知ったところではありません。
一切の古いしがらみに縛られずに、
自由奔放にアイデアを打ち出し、
のびのびと振る舞える
「未来」のような世界であろうと思います。

新しい役割、新しい仕事に就いて、
その役割を果たすために、
新しいことを学ぶ機会を得る人もいるでしょう。
身近な人に誘われて、
ちょっとした活動に参加したところ、
広い世界に連れ出される、
という人もいるかもしれません。
毎日やっていることに疑問を持ち、
少し調べ始めたら、
それが自分の研究テーマとなり、
専門分野となった!
というような展開もあるかもしれません。
あくまで身近な「日常」の中に、
遠い世界への扉が仕込まれている年なのです。