今年の占い

2021年

生まれて初めて
友だちと二人だけで遠出する時。
あるいは、
生まれて始めてデートする時。
だれもが緊張し、ドキドキワクワクします。

これを送り出す保護者は、
さらに輪をかけてドキドキします。
危険な目に遭うのではないか、
相手はちゃんとしているのか、
誰かに騙されるのではないか、
仲違いして傷つくのではないか。
それでも、
人間として成長するためには
それらのリスクを引き受けて、
世界に飛び込んでいかねばなりません。
危険のない安全な場所に居続けては、
一人で生きていく力は
養われないのです。
それを知っているからこそ、
危険への恐怖を胸にしまって、
保護者は「生まれて始めて」の人を、
手元から外界へと送り出すのです。

大人になって、
自分で自分をある程度
守れるようになってからも、
私たちは常に、
こうしたリスクを引き受けています。
挑戦すれば、失敗のリスクがあります。
人に出会えば、
摩擦や衝突のリスクがあります。
才能を発揮しようとすれば、
作品をけなされたり、
他の才能に負かされたりするリスクがあります。
人を愛したら、
傷つくリスクを引き受けねばなりません。
出産には大きなリスクが伴いますが、
今生きている人間達はみな、
そのリスクを引き受けた人がいるからこそ
ここに存在しています。
自分を外界に出し、
外界に向かって自らをひらくとき、
私たちはリスクを負うのです。
どんな「名人」も、
最初の一歩はふるえながら踏み出します。
その一歩に、どんなに勇気が要るでしょう。
その一歩があったからこそ、
後の成功があるのです。

2021年、天秤座の人々は、
意欲や、情熱や、衝動や、愛や、
才能や願望や、その他様々な
「善い力」によって、
世界に向かって自らを、
大きくひらいていくことになるでしょう。
あるいは、自分という存在を、
外界に解き放っていくことになるでしょう。
それは、
楽しいだけのことではないかもしれません。
なぜなら、リスクがあるからです。
作品を作るのは楽しくても、
それを発表するのは、怖いことです。
誰かを好きになるトキメキは甘くても、
告白するのは、
ほとんど決死の覚悟が必要です。
それでもあなたは、
そこを乗り越えていくでしょう。
そして、あなたが願ったことを
期待以上のかたちで、
きっと叶えることができるでしょう。

2021年は、天秤座の人々にとって
「愛と創造の年」です。
心から愛せる対象に出会えますし、
没頭できる活動にも出会えるでしょう。
既に愛する人がいる人、
没頭できるテーマがある人は、
その物語が急激に進展し、
新たなステージに立てるはずです。