今年の占い

2021年

射手座の2021年は、
「福袋」のような年です。

普段、私たちは買い物するとき、
じっくり選び、吟味し、
何を買うかちゃんと解った上で
(または、解ったつもりで)
ものを購入します。
その点「福袋」は、
まるっきり違います。
「福袋」の中に何が入っているか、
基本的に、買い手は知らないのです。

もちろん、ブランドや百貨店など、
その福袋を売りに出した店の情報で、
内容はある程度、イメージできます。
ですが少なくとも、
普通に物を買うときとは、
その購買行動の仕組みは異なります。
普段は「わかっているから買う」のに対し、
「福袋」は「わからないから買う」のです。

ネタバレ禁止の推理小説やサスペンス映画、
おみくじや「ガチャ」など、
「中身が解らないから買う」
ものは、結構色々あります。
2021年、射手座の世界では、
「なにがくるかわからない」
という面白さがあるのです。

「探しに行く、買いに行く」
という行動は、能動的ですが、
中身が解らない場合、
「手に入れる」行為は、受動的です。
おみくじを引いて、
どんなに気に入らない結果が出ても、
それはどうしても
「自分で引いたおみくじ」です。
もう一度引き直すことはできますが、
最初のを「取り消す」ことはできません。
福袋も、「ガチャ」も、
その内容を「おまかせ」にしている以上、
キャンセルはできません。
内容を「おまかせ」にしたら、
私たちはそれを、
受けとらざるを得ないのです。

こう書くと、
2021年がとても消極的な年、
あまりよくない年、
というふうに感じられるでしょうか。
でも、実はこれらは
「出会い」を意味しているのです。
占いで「出会い」と書けば、
そのコンテクスト上、
基本的には
「恋人との出会い」
のようなものを連想されます。
2021年の射手座の「出会い」には
たしかに、
恋人との出会いも含まれます。
ただ、本質はそこではないのです。
「出てきたものが、自分のもの」
「中身を指定せずに、
きたものを受け止める」。
この、福袋的な展開が、
2021年の射手座の面白さなのです。

「受動的」といっても、
何もせずにただ待っていれば良い
ということではありません。
福袋も、サスペンス映画も、
「それを買いに行く」
「映画館に見に行く」
という、能動的アクションが伴います。
「何かを探しに行く」
ことは、自分からの行動です。
ただ、その「何か」を、
敢えて細かく選ばないか、
あるいは「選べない」のが、
2021年の面白さなのです。

あくまでランダムなはずの「福袋」でも、
開けてみたら
「今の自分にぴったり!」
のものが入っていることは、
よくあります。
ちょうど欲しいものが入っていたり、
好きな色のアイテムが入っていたり、
中には
「これは、まるで、
神様が私を見ていて、
特別に選んでくれたようだ!」
とおもえるほど、
自分ぴったりの内容だった
ということもあり得ます。
もちろん、一般には
がっかりする事も多いようですが、
2021年の射手座の「福袋」は、
不思議と、
「自分にぴったり」です。
あるいは、それを開けた瞬間には、
「ぴったり」とは思えなくとも、
しばらくして、
「そうだ、あの時の福袋に
アレが入っていた!」
というふうに、
「ぴったり」の瞬間が
巡ってくることもあるはずです。
2021年の射手座の人々が発見する
「ランダム」なものたちには、
よく見ると、
あなたのための意味が込められています。
それを解読することもまた、
2021年の醍醐味、おもしろみです。